表情ジワの解消|老化による眼瞼下垂は治療で改善可能|名医による治療で得られる効果

老化による眼瞼下垂は治療で改善可能|名医による治療で得られる効果

表情ジワの解消

女の人

筋肉が動きにくい状態に

筋肉は、脳からの指令を受けて動くのですが、その指令を筋肉に届けているのは、神経伝達物質です。そしてこの神経伝達物質の分泌を抑えるためにおこなわれている治療が、ボトックス注射です。ボトックス注射によって、神経伝達物質が分泌されにくくなれば、脳が指令を出したとしても、それが筋肉にうまく伝わらなくなります。つまり、筋肉が大きく動くことが防がれやすくなるわけです。顔にも多くの筋肉があり、これは主に表情を作った時に動きます。しかもその動きに合わせて皮膚がひきつれて、頬や眉間や目元には、シワができることがあります。これを表情ジワというのですが、これはボトックス注射によって筋肉の動きを抑えれば、防ぐことが可能となります。そのため昨今ではボトックス注射は、アンチエイジング治療として美容外科でおこなわれるようになっています。

効果の持続期間が長く

ボトックス注射をすると、2〜3日ほどで筋肉は動きにくい状態になっていきます。完全に動かなくなるわけではないので、表情を作ることはできます。それでいて過剰には動かなくなり、表情ジワは生じにくくなるのです。治療効果は約4ヶ月持続するので、その間は表情ジワを気にせずに、笑ったり眉根を寄せたりすることが可能となります。また効果が薄れ始めた場合には、再治療により、持続期間を延長させることができます。しかも再治療を繰り返すことで、持続期間は少しずつ長くなっていきます。初回は4ヶ月ほどですが、それが5ヶ月、6ヶ月と長くなっていき、やがては年単位で持続するようになるのです。こういったメリットからも、多くの人が定期的に美容外科に通い、ボトックス注射を受けています。